撮影・電子化・出力

沿革

株式会社光楽堂の沿革

1952年2月 屋号、光楽堂としてDPE、写真材料販売、写真機材販売業を創業。
1969年1月 資本金250万円で株式会社に変更、「株式会社光楽堂」とする。
1969年4月 日本マイクロ写真協会に入会。(平成7年社団法人日本画像情報マネジメント協会に改称、略称JIIMA)
1981年3月 マイクロフィルム作業分室を設立(北白川西町ビル3、4階)
1990年5月 資本金の増資を行い、1,000万円とする。
1991年7月 フィルムレコーダーを導入し、Macintoshによるスライド出力を始める。
1994年8月 カラープリント自家処理機を導入。(ミニラボ)
1997年10月 マイクロフィルムよりのデジタルコンパート業務開始。
1998年10月 デジタル一眼レフカメラ導入、古文書のデジタルカメラ撮影開始。
1998年10月 資本金の増資を行い、1,500万円とする。
1999年10月 資本金の増資を行い、2,000万円とする。
2001年5月 デジタルミニラボ機フロンティア350(LP 1500SC)導入。
2001年7月 マイクロフィルム高速スキャナ- Scan Station 4001外導入。
2003年1月 FUJIX FDIP7500デジタルコンバーター導入(グレースケール入力対応)
2003年5月 ゼロックスDOCUCENTRECOLOR400CP導入A3スキャニング及び出力業務開始。
2009年6月 (株)富士写真フィルムフジカラー品質コンテスト優秀店12年連続表彰受賞。
2010年5月 マイクロフィルムからのデジタル化、プリントシステム自社開発、受注開始。
2010年5月 陽明文庫所蔵国宝・ユネスコ記憶遺産「御堂関白記」デジタルカメラ撮影。
2010年6月 ネットプリントシステム導入、受注開始。
2014年6月 645フイルムカラー大量複写装置自社開発、受注開始。
2014年6月 35mm、ブローニーフイルム、4×5フイルムのDUP装置自社開発、受注開始。
2014年6月 スマホプリントシステム導入、受注開始。
2014年9月 横幅8mの複写台自社開発。陽明文庫所蔵国宝「大手鏡」デジタルカメラ撮影。
2014年11月 3600万画素デジタルカメラ導入。
2015年8月 アルバム見開きの電子化、低価格にて実現、サービス開始。
2016年3月 5000万画素デジタルカメラ導入。

ネットプリント・サービス

株式会社光楽堂

 〒606-8267
 京都市左京区北白川西町82
 TEL 075-711-2131
 FAX 075-721-1558
PAGETOP
Copyright © 株式会社光楽堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.